日本コンピュウェア、ウェブアプリのセキュリティ向上を実現する新製品を販売開始

CNET Japan Staff 2006年04月21日 11時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コンピュウェアは4月20日、ASP.NETセキュリティ検査ツールの新製品「DevPartner SecutiryChecker 2.0 日本語版」の出荷を、2006年4月21日より開始すると発表した。

 DevPartner SecutiryChecker 2.0日本語版は、Microsoft Visual Studio 2005/2003と連携し、セキュアなASP.NETアプリケーションの開発を迅速化するセキュリティ検査ツール。静的分析、実行時分析(ホワイトボックステスト)および保全性分析(ブラックボックステスト)の3つの分析機能を組み合わせ、脆弱性の検出プロセスを自動化し、脆弱性のあるコードをピンポイントで特定してくれる。

 これにより、開発者はコードをチェックし、潜在的なエラーやセキュリティリスクを確認できるだけでなく、セキュリティ問題への対処法や解決法に関する情報も得ることができる。価格は1ネームドユーザーライセンスで61万4000円(1コンカレントユーザーライセンスだと184万円)となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR