富士通、「安心安全ビジネス」を体系化--「セキュリティ」と「事業継続」から始動

CNET Japan Staff 2006年04月24日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は4月24日、顧客企業の統合リスクマネジメントを実現する安心安全ソリューション体系を確立し、同日より販売活動を開始すると発表した。

 このソリューションの第1弾として、「セキュリティ」および「事業継続(BC:Business Continuity)」の両分野のソリューションを提供し、今後順次メニューを拡張する計画。ISO27000シリーズ、COBIT、ITILなどに準拠する情報セキュリティマネジメントシステムや運用サービス、BC対策をワンストップで提供する。

 価格は、インターネットセキュリティ統合サービスが初期費用150万円より、運用費月額38万円より。BCコンサルティングが300万円より。富士通では、今後3年間で2900億円の売上を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから