イーズ、分散データアクセスソフト「InfoUnity MONO 1.3」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年05月12日 08時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イーズ・コミュニケーションズは5月10日、アクセス管理機能を備えた分散データアクセスソフトウェア「InfoUnity MONO(インフォユニティ モノ)」の最新バージョン「InfoUnity MONO 1.3」の販売を開始すると発表した。

 InfoUnity MONOは、イーズが提供する仮想RDBMS製品。SQL92を中核としたサーバアプリケーション環境で動作する。同製品を利用すると、データを透過的に利用できるため、開発作業の簡略化を期待できる。

 新バージョンでは、ログ機能が強化され、開発支援ツール「InfoUnity Workbench」が新たに提供される。この開発支援ツールは、nfoUnity MONOを使ったデータベースアプリケーション開発を行うための開発支援ツールだ。

 価格は、プロセッサライセンスで200万円より。サーバライセンスで1サーバあたり98万円。2006年6月1日より出荷が開始される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから