ノベル、Linuxのデバイスドライバ互換性問題を解決する手法を提供開始

CNET Japan Staff 2006年05月25日 08時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellは5月17日、Linuxのデバイスドライバの互換性問題を解決する手法の提供開始とその詳細を発表した。

 この新たなドライバ提供手法によりユーザーは、Novellによるカーネルのアップデートとは別個にドライバが入手できるようになる。一方、Novellの「SUSE Linux Enterprise」製品のためにデバイスドライバを開発するハードウェアおよびソフトウェアベンダーは、自社製品のためのLinux用のドライバやドライバのアップデートを、顧客に直接かつ透過的に提供することができるようになる。

 今回の新たなLinux提供手法は、今夏に出荷予定の「SUSE Linux Enterprise 10」に組み込まれる。Novell SUSE Linux Enterprise Server 9 SP3ではすでに利用可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?