アシストと日本オラクル、企業向け検索エンジン販売で協業

CNET Japan Staff 2006年06月20日 23時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストと日本オラクルは6月20日、日本オラクルの企業向け検索エンジン「Oracle Secure Enterprise Search 10g」の販売で協業することを発表した。

 Oracle Secure Enterprise Search 10gは、提案書、技術文書、プロジェクト情報、売上情報などのさまざまな企業情報に、部門やシステムの枠を超えた横断的なアクセスを可能にする製品。アイデンティティ管理製品と組み合わせて使用することで、社員の権限に応じて検索できる情報を制限することも可能にする。

 今回の協業で両社は、協力関係にあるハードウェアベンダーの製品に同製品を搭載し、両社の顧客企業に製品の使用を提案、アシストが使用環境のセットアップサポートを行うことになる。また、アシストは、自社にOracle Secure Enterprise Search 10gを導入し、アシストが国内で展開するウェブコンテンツマネジメント・システム「NOREN4 Content Server」などの取扱製品との連携も模索していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!