F5、SSL VPNアプライアンスでベリサインのワンタイムパスワード認証を使用可能に

ニューズフロント 2006年08月03日 16時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインとF5ネットワークスジャパンは8月3日、F5ネットワークスのSSL VPN装置「FirePass」とベリサインの認証製品「ベリサインユニファイドオーセンティケーション(UA)」の相互運用試験を実施し、動作検証を終えたと発表した。これにより、SSL VPN使用時にベリサインUAのワンタイムパスワード(OTP)トークンを使った認証が行える。

 FirePassは、SSL VPN環境を構築するためのアプライアンス製品。ベリサインUAと連携させることで、FirePassへのログオン時にID/パスワードとOTPを併用し、より安全な二因子認証を利用可能とした。

 なお、ベリサインUAは、OTP生成アルゴリズムなどの構成要素でオープンな技術を使用している。そのため、「既存システムに導入しやすい柔軟性とシステム拡張性により、低コストなFirePassとの連携や、安全性の高いSSL VPN導入を実現できた」(両社)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!