DDS、PC向けICカード対応セキュリティ製品に指紋認証技術を供給

ニューズフロント 2006年08月10日 17時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・ディー・エス(DDS)は8月10日、セキュリティ関連ベンダーのネット・タイムがDDSの指紋認証技術「指紋認証エンジンUB-Safe」を採用し、PC向けICカード対応セキュリティ製品「ARCACLAVIS Revo+(Plus)」に組み込んで8月11日より販売すると発表した。

 ARCACLAVIS Revo+(Plus)は、ICカードなどの認証デバイスを使用してPCへのログイン認証、データファイル暗号化といった機能を提供する「ARCACLAVIS Revo」に、指紋認証エンジンUB-Safeによる指紋認証機能を付加した製品。開発には、NTT西日本とNTTカードソリューションが協力した。

 DDSの指紋認証技術と、NTTグループの開発したマルチアプリケーション対応ICカード「ELWISE-CARD」を組み合わせることで、「セキュリティの高いシステム環境を実現できる」(DDS)という。

 なお、DDSでは「NTT西日本およびNTTカードソリューションが、周波数解析法を用いる当社の優れた指紋認証技術を高く評価し、今回の採用につながった」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR