SAPジャパン、ハイテク業種向けERP設定自動化ツールを提供開始

ニューズフロント 2006年08月17日 16時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは8月17日、電子/電気/精密部品などのハイテク業種向けERP設定自動化ツール「SAP Best Practices for High Tech」の提供開始を発表した。また、テクノスジャパンは同ツールに独自開発のシナリオを追加し、「Fact - Best Practices for High Tech」として同日より提供を開始した。

 SAP Best Practices for High Techは、汎用的な機能を備えるERP設定自動化ツール「SAP Best Practices」をベースに、ハイテク業種の業務向けシナリオや機能モジュールを付加したパッケージ。業界特有の業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して提供することで、作業工程を自動化し、工数の大幅な削減を実現できるという。

 同ツールに対し、テクノスジャパンは独自に4種類のシナリオを加えて提供する。「事前定義済みシナリオなどを活用すると、従来の標準的な導入方法に比べ、導入期間および費用の約30%削減が可能」(SAPジャパン)。各シナリオの概要は以下のとおり。

  • 販売プロセスから生産プロセスへの連携を強化したシナリオ:見込みと需要予測に関連する
  • 外注加工シナリオ:有償支給を想定した外注加工プロセスを実現する
  • 在庫管理シナリオ:ロット管理機能を用いたさまざまな業務ニーズをカバーする
  • SCMシナリオ:販売事業計画を用いた見込みの入力から各種生産方法への連携と、LIS/SIS機能による販売分析を盛り込んだ一連のSCMプロセスを実現する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!