MSIとマイクロソフト、制約理論ベースのプロジェクト管理手法で協業

ニューズフロント 2006年08月23日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MSIとマイクロソフトは8月23日、クリティカルチェーンプロジェクトマネジメント(CCPM)分野で協業すると発表した。これにより、両社はプロジェクト管理ソフト「Microsoft Office Project」とCCPMソフト「CCPM+」について、販売およびマーケティング活動で協力する。

 CCPMは、制約理論(TOC)と呼ばれる経営管理手法にもとづくプロジェクト管理手法。CCPM+は、CCPM対応プロジェクト管理をOffice Project上で利用可能とするためのアドインソフトである。米Advanced Projectsが開発し、MSIが日本語化の支援や日本語版の販売を行っている。

 両社によると、「Office ProjectとCCPM+を組み合わせることで、企業におけるプロジェクトの期間短縮が可能」という。MSIでは、マイクロソフトとの協業を通じ、初年度にCCPM+販売数1万セットを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから