編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

マーキュリー、アプリ開発からリスク管理までの統合ソリューション

WebBCN (BCN)

2005-11-04 11:21

 マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン(マーキュリー、石井幹社長) は11月2日、アプリケーションの品質テストから導入・運用の最適化、リスク 管理までを行う同社のソフト製品群を統合したソリューション「Mercury BTO Enterprize」を発表した。

 「マーキュリーにとって過去最大規模」となる統合ソリューションで、8つ のソフトとサービスで構成する。開発中アプリケーションの変更管理から性能 検証、実稼動時の性能監視までを一貫して提供し、「アプリケーションのライ フサイクル全体を包括的にカバーする」(河野真一・マーケティング部ディレ クター)。

 10月7日に社長に就任したアドビ システムズ前社長の石井幹氏は、マーキュ リーの今後の事業戦略について、「テストツールなどアプリケーションの構築 分野では存在感があるが、マーキュリーの強みすべてが浸透しているとは思っ ていない。新ソリューションのように運用・保守にいたるまでライフサイクル 全体をカバーする当社の強みを浸透させていきたい」と意気込みを述べた。

 そのうえで、具体的な注力ポイントとして「情報システム管理者などのIT部 門などではなく、CIOなど経営陣に対して直接アプローチする。エンドユーザー との接点を増やしていく」と、顧客のニーズを積極的に吸収していく意向を示 した。

 また、自らの転身について「新しい分野に飛び込んだように思われるが、ア ドビでもエンタープライズ市場での拡販に力を注いできたし、私にとっては同 じチャレンジ」と、笑顔で説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]