編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ITエンジニアリング、プロジェクト管理ツール「Primavera V5」を出荷

CNET Japan Staff

2006-02-14 05:15

 ITエンジニアリングは2月13日、Primavera Systemsが開発したプロジェクト管理ツール「Primavera V5」(日本語版)の販売を同日より開始すると発表した。

 Primavera V5は、建設、エンジニアリング、システム開発、製品研究開発および投資管理業務など、プロジェクト形態で営まれる事業を効率化する製品。個別のプロジェクト管理にも、複数のプロジェクトを一元管理する使い方にも対応し、プロジェクトのスケジュール遅延やコストオーバーランを事前に察知するなどの特長がある。

 今回販売が開始された新バージョンでは、業務統制やアクション統制、プロジェクト計画機能、ウェブプロジェクトマネジメントなどが強化された。また、Excelからのデータインポートやエクスポートが可能になっている。基幹システムや外部システムと連携するためのインテグレーションインターフェースも無償で提供される。

 対応プラットフォームは、サーバOSがWindows 2000/2003。データベースはOracle 9i/10g、Microsoft SQL Server 2000 SP3, MSDE2000 SP3以上。アプリケーションサーバはBEA WebLogic 8.1.4。価格は、プロジェクトマネジャー用モジュールが1指名ユーザーあたり28万円より。100名規模で使用する場合の参考価格は570万円よりとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]