SAP、マイクロソフトとの共同開発の成果を一部公開

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年05月20日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボストン発--SAPが米国時間19日、Microsoftとの技術統合を通じて開発中のビジネスアプリケーションの一部を披露した。

 SAP取締役のShai Agassiは、当地で開催中の顧客向けカンファレンス「SAPPHIRE」にて、Microsoftとの共同プロジェクトである「Mendocino」(開発コード名)で実現しようとしていることの一部を紹介した。

 2社の共同開発技術として最初に紹介されたのは、SAPのERPアプリケーションと連携するようにカスタマイズされた電子メールソフトMicrosoft Outlookだった。Agassiはまた、プロジェクト管理システムや人事管理ソフトウェアなどのSAPアプリケーションの情報にOutlookからアクセスする方法を披露した。

 また同氏は、ある人物がOutlookのカレンダーに情報を入力すると、その情報が直接SAPのプロジェクト管理ツールに反映される様子を示すデモを行った。デモでは、Outlookのインターフェースに SAPのタスクバーが表示されていた。このほかにも同氏は、ユーザーがOutlookのインターフェースを利用して、SAPのデータ分析ツールが作成するデータにアクセスする例を示した。

 2社の提携によって開発されたこれらのツールは、SAP製品として2006年後半に発売される予定だ。また両社の経営幹部によると、2005年の末には一部の顧客がこれを試験的に導入する計画だという。

 「これは、SAPアプリケーションを使い易いものにするための取り組みだ。われわれは、これを実現したいと前々から考えていた」とAgassiは言う。「この取り組みの成果をすべてのSAPユーザーが享受できると思う」(Agassi)

 また、会場では、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmerが出演するビデオが流された。Ballmerは、今回の取り組みによって、人々のビジネスアプリケーションへのアクセス方法やその活用方法に「革命が起きる」だろうと語った。またMicrosoftは、次世代Officeビジネスパッケージで提供予定の新機能のいくつかを宣伝した。

 Mendocinoの取り組みを通して、SAPは自社アプリケーションのユーザー数を増やしたいと考える。Microsoftも、自社製品とビジネスデータを連携させることで、ユーザーにOfficeのアップグレードを促したい考えだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算