編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAP、マイクロソフトとの共同開発の成果を一部公開

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-05-20 19:30

 ボストン発--SAPが米国時間19日、Microsoftとの技術統合を通じて開発中のビジネスアプリケーションの一部を披露した。

 SAP取締役のShai Agassiは、当地で開催中の顧客向けカンファレンス「SAPPHIRE」にて、Microsoftとの共同プロジェクトである「Mendocino」(開発コード名)で実現しようとしていることの一部を紹介した。

 2社の共同開発技術として最初に紹介されたのは、SAPのERPアプリケーションと連携するようにカスタマイズされた電子メールソフトMicrosoft Outlookだった。Agassiはまた、プロジェクト管理システムや人事管理ソフトウェアなどのSAPアプリケーションの情報にOutlookからアクセスする方法を披露した。

 また同氏は、ある人物がOutlookのカレンダーに情報を入力すると、その情報が直接SAPのプロジェクト管理ツールに反映される様子を示すデモを行った。デモでは、Outlookのインターフェースに SAPのタスクバーが表示されていた。このほかにも同氏は、ユーザーがOutlookのインターフェースを利用して、SAPのデータ分析ツールが作成するデータにアクセスする例を示した。

 2社の提携によって開発されたこれらのツールは、SAP製品として2006年後半に発売される予定だ。また両社の経営幹部によると、2005年の末には一部の顧客がこれを試験的に導入する計画だという。

 「これは、SAPアプリケーションを使い易いものにするための取り組みだ。われわれは、これを実現したいと前々から考えていた」とAgassiは言う。「この取り組みの成果をすべてのSAPユーザーが享受できると思う」(Agassi)

 また、会場では、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmerが出演するビデオが流された。Ballmerは、今回の取り組みによって、人々のビジネスアプリケーションへのアクセス方法やその活用方法に「革命が起きる」だろうと語った。またMicrosoftは、次世代Officeビジネスパッケージで提供予定の新機能のいくつかを宣伝した。

 Mendocinoの取り組みを通して、SAPは自社アプリケーションのユーザー数を増やしたいと考える。Microsoftも、自社製品とビジネスデータを連携させることで、ユーザーにOfficeのアップグレードを促したい考えだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]