地図情報サービス「ちず丸」、アプリケーション高速化アプライアンス「BIG-IP v9」を採用

CNET Japan Staff 2006年09月15日 12時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F5ネットワークスジャパンは9月13日、地図情報サービス「ちず丸」を運用する日本コンピュータグラフィック(NCG)がアプリケーション高速化アプライアンス「BIG-IP v9」を採用したことを発表した。

 NCGでは、すでにF5のiControlとBIG-IPのiRules機能を利用した独自の管理システムを構築し、管理者の負担や管理時間の削減、ヒューマンエラーの軽減を実現していた。

 今回のv9採用はそのアップグレード。他社製品も検討したが、柔軟性などを評価し、F5製品を選定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!