サイボウズら3社、「サイボウズ Office 6」の企業向けASPサービスを提供

目黒譲二 2006年11月08日 18時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズとグループ会社である沖縄クロス・ヘッド、インデックス・グループのインデックス沖縄の3社は11月7日、沖縄のデータセンターから全国に向けてソフトウェア・オンデマンドサービスを提供する事業「トロピコBOX」の一環として、「サイボウズ Office 6」オンデマンドサービスの提供を開始した。

 サイボウズ Office 6は、スケジュール管理、設備予約、掲示板、メールなどの機能を必要に応じて利用できるグループウェア。今回提供を開始するサイボウズ Office 6 オンデマンドサービスは、サイボウズ Office 6の機能を割安な月額費用で提供するASPサービスだ。必要なサーバーやネットワークなどはすべてセキュリティレベルが保証されたデータセンターで運用されるため、グループウェアを自社内に構築する場合と比べ、導入・運用負担を軽減することができるという。

 ネットを介してシステムを利用するため、複数の拠点やモバイルからのアクセスが可能。また、モバイル端末からの個人スケジュール管理や会社の施設予約などができる「サイボウズ Office 6 ポケット」「サイボウズ Office 6 ケータイ」を標準機能として提供おり、出張先や自宅、電車の待ち時間など、場所や時間を限定することなく利用することができる。

 サービス費用は、初期費用が1万円、月額基本料が2000円、月額利用料が1ユーザー800円となっている(すべて税別)。申し込み後1カ月間は無料で試用できる。オプションとして、ワークフロー、報告書、プロジェクトなどの機能が用意されている。

 なお、沖縄県内(本島のみ)のユーザー企業に対しては、ユーザー情報や画面レイアウトなどの初期設定を無料で訪問セットアップするとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?