ソフトバンク・テクノロジーなど、検疫ネットの遠隔運用/監視サービスを提供

ニューズフロント 2006年11月27日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク・テクノロジーとトレンドマイクロは11月27日、ウイルス対策装置「Trend Micro Network VirusWall 1200」を遠隔運用/監視する「検疫ネットワーク運用監視サービス」の提供を12月4日に開始すると発表した。税別価格は月額18万円からとなる。

 Network VirusWall 1200は、既存のネットワークにブリッジとして設置するウイルス対策装置。導入時にネットワーク構成を大幅に変更する必要がないほか、クライアントにエージェントを導入することなく検疫ネットワークを構築できる。

 両社の提供する検疫ネットワーク運用監視サービスは、ソフトバンク・テクノロジーの監視センターから企業ネットワーク内のNetwork VirusWall 1200を遠隔監視/運用する。ソフトバンク・テクノロジーが、販売から導入、構築、監視、オンサイト保守までのサービスを一括提供する。

 Network VirusWall 1200と監視ツールを組み合わせて運用することで、管理下にあるWindows端末のセキュリティポリシー順守状況を、リアルタイムに通知可能とした。たとえば、ウイルス感染、Windows修正パッチ未適用、ウイルス対策ソフトの未インストール、パターンファイル/検索エンジンの未更新といった不備を検出し、該当端末のネットワークアクセスを遮断する。また、セキュリティポリシー順守状況を毎月レポートにして報告する。

 両社では、機器販売から導入、運用監視サービスを含め、初年度3億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!