日本IBM、最適システムや料金例まで調べられるセルフサービスサイトを開設

ニューズフロント 2006年12月01日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月30日、構築・導入するシステムの課題や規模を入力して推奨ソリューションや料金例を顧客自ら調べられるセルフサービス方式のウェブサイト「ソリューション提案」を開設した。

 同サイトは、顧客の入力した情報に応じ、課題解決に適したソリューションとその概要や料金を紹介する。料金例に加え、顧客の課題、日本IBMの提案、期待される効果、日本IBMやパートナーのソリューション説明などを、「あたかも提案書のように1つの資料としてまとめて提示する」(日本IBM)。

 たとえば、顧客は「基幹業務の再構築・見直し」「インフラストラクチャー強化」「情報系システムの充実」などの課題カテゴリー内から、「効率的な生産管理を行いたい」「セキュリティーを強化したい」「情報共有・社内コミュニケーション基盤を整えたい」など実現したいことを選ぶ。続いて、導入規模やサーバ・導入サービスの必要性などを入力すると、あらかじめ用意されている16種類のソリューションから、最適なソリューションが提案される。

 日本IBMは、同サイトで提示する課題やソリューションを随時追加していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!