PostgreSQL 8.2がリリース--OLTPで性能が20%向上

CNET Japan Staff 2006年12月08日 21時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PostgreSQLグローバル開発グループは米国時間12月5日、PostgreSQLのバージョン8.2をリリースした。

 新版では、データベース管理や開発を容易にするツールと機能が拡充された。性能の向上をはじめ、ウォームスタンバイデータベース、インデックス構築のオンライン化などが改善されたほか、SQL 2003の機能群も追加されている。また、汎用転置インデックス(GIN)やDTraceなどの先進機能も搭載する。

 今回の8.2では、OLTP(オンライントランザクション処理)システム試験ではおよそ20%性能が向上しているという。データウェアハウス処理でも十分な性能を得られるとしている。

 メモリ上とディスク上のソート処理の高速化、マルチプロセッサのスケーラビリティの向上、分割されたデータ問い合わせの向上、大量ロード処理の向上、外部結合の大きな高速化に関する変更が含まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?