CTC、米スパイクソース製OSSスタックと対応サポートを提供開始

ニューズフロント 2007年01月10日 18時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月10日、米SpikeSourceのオープンソースソフト(OSS)ミドルウェアスタック製品「Spike Stacks」と、同製品向けサポートサービス「Spike Net」の国内提供を開始した。

 Spike Stacksは、OSSのウェブサーバApache、アプリケーションサーバTomcat、データベースPostgreSQLなどで構成される相互接続検証済みスタック製品。SpikeSourceでは、Spike Stacksに運用サポートサービス「SpikeNet Update Service」および「SpikeNet Support Service」を組み合わせ、SpikeNetとして提供している。

 CTCはSpikeSourceと提携し、OSSによるシステム構築から運用・保守サポートまでを含むサービスを国内で提供していく。

 さらに、CTCは技術検証センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」でSpikeSource製品を活用した新ソリューションの検証を実施し、OSSソリューションの拡充や関連事業の強化を図る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR