相次ぐ社長交代--BMCソフトにネットアップ、エス・エス・ジェイ

CNET Japan Staff 2007年01月23日 21時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITベンダー3社が1月19日、相次いで社長交代を発表した。

 BMCソフトウェアの新社長には、1月5日付けで生駒芳樹氏が就任した。日本IBM出身の同氏は、米CRMベンダーのEpiphanyが日本に進出した際に社長に就任した経験がある。

 また、日本ネットワーク・アプライアンスの新社長には、1月10日付けで大家万明氏が就任した。日立製作所出身の同氏は、日立の情報通信グループネットワークシステム本部で本部長を務めるなどした後、アラクサラネットワークスに出向。執行役員 営業本部長を務めていた。

 エス・エス・ジェイは2月1日の臨時株主総会と取締役会の決議を経て、竹内伸氏が新社長に就任すると発表した。同氏は、野村コンピュータシステム(合併で野村総合研究所に)出身で、取締役証券・金融システム本部副本部長を務めた後、NRIガーデンネットワークとガーデンネットワークの社長を務めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?