IBMがデータ移行技術のSoftekを買収へ

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月30日 11時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間1月29日、Softek Storage Solutionsの買収で合意に達したと発表した。Softekはデータ移行技術を専門とする企業で、バージニア州に本拠を置いている。IBMは、Transparent Data Migration Facility(TDMF)に用いられている、異種プラットフォーム間および異種OS間でのデータ移行に関するSoftekの特許を引き継ぎ、自社のITインフラに組み込む予定。

 同社によると、TDMFの技術により、データを参照しているアプリケーションを停止したりオフラインにしたりせずに、データを移動することが可能になるという。今回の合意でSoftekは、IBMのStorage and Data Services部門の一角であるIBM Global Technology Servicesに組み入れられる。金銭的な条件については明らかにされていない。当局の承認を経て、買収は2007年3月末に完了する予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?