MIND、情報漏洩対策ソリューション「MSWサービス」開始--SSL-VPNを利用

CNET Japan Staff 2007年02月21日 18時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機情報ネットワーク(MIND)は2月20日、米Juniper Network製SSL-VPNアプライアンス「Juniper SA」を利用した情報漏洩対策ソリューション「Mobile Secure Workspace(MSW)サービス」の提供を3月16日から開始すると発表した。

 MSWサービスは、リモートアクセス時にPC上でファイルを編集・閲覧しても、リモートアクセス終了時には、PC上のデータを消去する持ち出しPC向けの情報漏洩対策ソリューション。SSL-VPN接続時にPC上に仮想デスクトップが起動し、接続中は、この仮想デスクトップを作業スペースとして利用する仕組みだ。

 事前のソフトウェアインストールは不要。既存のPCをそのまま利用できる。

 MINDは、Juniper SA代理店のマクニカネットワークスからアプライアンスを仕入れ、システムの構築・設定から運用・保守までのサービスをワンストップで提供する。

説明図 MSWサービスのイメージ図
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから