編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

東武百貨店、情報セキュリティ管理基盤「CWAT」を300台採用

CNET Japan Staff

2007-02-14 20:21

 インテリジェント ウェイブは2月13日、東武百貨店が同社の情報セキュリティマネジメントプラットフォーム「CWAT(シーワット)」を300クライアント導入したと発表した。

 東武百貨店では、PC300台にCWATのクライアントPC用ソフトのOPDC(オペレーションディフェンスコントローラ)を導入。管理用サーバであるOM(オーガナイゼーションモニタ)は、東武百貨店のインフラを運用する外部ベンダーのサーバに導入された。CWATによるセキュリティ管理の状況は、逐次管理サーバへ送られ、ログ分析報告が定期的に東武百貨店にフィードバックされるという。

 CWATの導入により、オペレーション上での禁止や抑止といった機能の効果はもちろん、社員それぞれが、自ら扱う情報の重要性と保護の必要性を再認識するという付加的な効果も見られているという。また、CWATの導入後も、業務手順も以前と変わらず、処理のパフォーマンスの劣化もないとしている。

 東武百貨店では、内部情報漏洩対策ソフトウェアの調査を開始。「クライアントPCにおけるオペレーション監視に加え、抑止、禁止ができること、さらに、これらがリアルタイムで実現できること」が製品選定のポイントだったと説明。複数の製品を評価したなかで、同社の要求を包括的に提供できるCWATを選定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]