編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日立情報システムズ、「Winny」「Share」に対応した情報流出対策サービスを提供

ニューズフロント

2006-05-25 17:22

 日立情報システムズは5月25日、「Winny」「Share」などのファイル交換ソフトによる情報流出対策サービスを同日より開始すると発表した。日立情報システムズのセキュリティサービス「SHIELD」をファイル交換ソフト対策用に再整備し、コンサルティングや社内ネットワークのセキュリティ対策を実施する。これに加え「(従業員などが)自宅、外出先で使用するパソコンからの情報流出を防御するサービスを提供する」(同社)という。

 コンサルティングサービスでは、顧客企業のパソコンを対象に、ファイル交換ソフトのインストール状況を確認し、情報流出の防止策を提案する。併せてファイル交換ソフトの削除やインストールの防止に関する対策も用意する。また要望に応じて情報流出の調査、流出による風評被害対策、情報流出時の緊急対応も行う。

 社内ネットワーク対策サービスでは、日立情報システムズのサーバ/クライアント型検疫システム「SHIELD/Exlink-Qu」をはじめ、インテリジェントウェイブのセキュリティ監視システム「CWAT」、シマンテックのクライアント用セキュリティソフト「Symantec Client Security」などを組み合わせて提供する。

 このほか社外のパソコンなどからの情報流出を防ぐ、社外ネットワーク対策サービスも提供する。最近のファイル交換ソフトがらみの事件では、企業の従業員が社内情報を自宅などに持ち出して作業し、そこからウイルス感染によって情報が流出する例がある。同サービスは、こうした情報流出を防御するセキュリティ製品を提供する。

 日立情報システムズでは、これら情報流出対策サービスを、6月7日に幕張メッセで開催されるネットワーク関連製品のイベント「Interop Tokyo 2006」に出展する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]