日立、Javaアプリ開発環境「MyEclipse」の日本語版とサポートを提供へ

ニューズフロント 2007年03月05日 20時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は3月5日、米GenuitecのJavaアプリケーション開発環境「MyEclipse」の日本語版と、MyEclipse向け技術サポートサービスの提供を4月27日に開始すると発表した。日本語のサポートサイトも開設される。

 MyEclipseは、オープンソースのソフト開発環境「Eclipse」をベースに、Genuitecが各種プラグインなどを付加して販売するJavaアプリケーション開発環境。Ajaxアプリケーションの開発も行える。全世界に40万人近いユーザーがいるという。

 日本語版では、日本語による製品マニュアルに加え、アプリケーション信頼性向上ノウハウなどに関する技術資料も日本語で提供する。年間契約制のため、契約期間中は常に最新版を使うことができる。

 日立とGenuitecでは、2009年までに国内でユーザー20万人の獲得を目指す。また、ウェブサイトでMyEclipse日本語版の体験版をダウンロード提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!