ターボリナックス、IP-PBX製品拡販のためのパートナープログラムを開始

CNET Japan Staff 2007年03月15日 14時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは3月14日、同社が開発・販売するIP-PBXソフト「InfiniTalk」ビジネスの拡大を目的としたパートナープログラムを開始したことを発表した。

 InfiniTalkは、オープンソースのPBX「Asterisk」をベースとし、各種機能を拡張したIP-PBXソフト。NTT東西のひかり電話ビジネスタイプやMEDiA IP PHONEなどに直接接続が可能だ。

 今回開始するパートナープログラムは、システムインテグレーターやネットワークインテグレーターを主な対象とし、PCサーバベースのIP-PBXによる付加価値ビジネスを促進することが狙い。これまで電話関連商材を扱ったことがない企業も、営業・マーケティング・技術面でバックアップするという。

 年間契約料金は30万円。技術トレーニング、評価用ライセンス、バックエンドサポート、および仕切り価格での販売を含む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!