インフォテリア、トピック追跡管理オンラインサービス「Topika」に低価格版

ニューズフロント 2007年05月16日 17時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは5月16日、さまざまな問題に関するトピックとその解決までの追跡、管理を行うためのオンラインサービス「Topika」において、小規模利用向け新ライセンス「グループエディション」の提供を開始した。ユーザー数を最大5人に制限することで、月額料金を1万円に抑える。

 Topikaは、米Foresoft(旧SkyeyTech)のバグ管理システム「BUGtrack」をベースに共同開発したサービス。ソフトのバグといった問題点や障害、懸案事項のようなプロジェクト内の各種トピックを追跡管理し、プロジェクトの遂行や管理を支援するという。操作はすべてウェブブラウザで行えるため、専用ソフトの導入やシステムの変更が必要ない。

 これまで、インフォテリアはTopikaを、1部門当たり月額4万5000円、ユーザー数無制限で提供してきた。低価格版のグループエディションを提供する理由について、同社は「小規模での利用やスモールスタートで始めたいといった要望に応えた」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!