LANDesk、アプリケーション仮想化ソリューションを統合

CNET Japan Staff 2007年05月24日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米LANDesk Softwareは5月22日、同社のアプリケーション仮想化ソフト「LANDesk Application Virtualization」とシステム運用管理ソフト「LANDesk Management Suite」を統合したことを発表した。

 今回のソフトウェア統合により、情報システム部門は仮想アプリケーションを標準アプリケーションと同様に管理できるようになる。また、仮想アプリケーションを利用したいユーザーは、管理のために新たな管理インフラを整える必要がなくなる。

 仮想アプリケーションを導入すれば、ユーザーはインストールせずに、そのアプリケーションの全機能を使用することができる。また仮想アプリケーションは自身の仮想環境内で稼動するため、ユーザーはアプリケーションのコンフリクトを排除でき、同じアプリケーションの異なるバージョンを同時に稼動できるため、データベース コンテンツへの既存投資を活用できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!