AMD、「Budapest」の遅れは認めるも「Barcelona」は予定通りに出荷と説明

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦 2007年06月06日 18時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CitigroupのアナリストGlen Yeung氏の指摘をきっかけとして、Advanced Micro Devices(AMD)のクアッドコア(4コア)プロセッサ「Barcelona」(開発コード名)のスケジュールが遅れているという見方が出始めた。だが、AMDは米国時間6月5日、スケジュールは予定通りに進んでいると説明した。しかし、スーパーコンピュータメーカーCrayに供給されるBarcelonaと近いタイプのプロセッサ「Budapest」(開発コード名)の出荷は、スケジュールから遅れているという。

 5日、AMDの広報担当者Phil Hughes氏は、Barcelonaには「遅れはない」と語った。Barcelonaと、同プロセッサを搭載するシステムは2007年第3四半期に出荷されるという。

 Intelが投入したCore 2ベースのサーバ向けプロセッサ「Xeon」(デュアルコアは5100番台、クアッドコアは5300番台)に奪われた市場シェアを取り戻したいと考えるAMDにとって、Barcelonaは戦略的に重要なチップだ。

 だが、一方でCrayへのBudapestの出荷は遅れている。「Crayに関して、Budapestの部品をCrayがいつ入手するか、という部分についてのみ、スケジュールを変更した」とAMDのHughes氏は説明し、それ以上の詳細は明らかにしようとしなかった。

 Barcelonaは2つ以上のプロセッサソケットをもつシステム向けに設計されている。一方、Budapestは単一ソケットのシステム向けに設計されている。

 Crayは5月に、AMDプロセッサをベースにしたスーパーコンピュータ「XT4」について、4コアに対応させるアップグレードを「2007年後半」まで延期すると発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?