xfyラプソディ--第3番:再利用

福田昌弘 2007年06月13日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 xfy View Designerで作成したテンプレートを使ってxfy Enterprise Client上から入力した値は、XMLオブジェクトとしてxfy ServerのXMLオブジェクトリポジトリに格納される。そして、このようなXMLオブジェクトは、xfy Serverの利用ユーザー間で共有できる。

 XMLオブジェクトリポジトリの内容を検索し、抽出結果を元にグラフや集計表を作成することで、蓄積しているデータを再利用できる。さあ、「第3番:再利用」を奏でよう。

XMLオブジェクトを検索

 前回までの「第2番:コンテンツデザイン(その1)(その2)」で示したように、xfyを使うことで次のような営業週間報告書をXMLオブジェクトとして作成できる。同様に、顧客対応状況や品質管理票などもxfyで作成できる。ちなみに、ここに示したXMLオブジェクトの例は、どれも「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」にサンプルとして収められているものである。

xfy03_01 XMLオブジェクトの例。

 そして、このようなXMLオブジェクトから特定のものを検索するときには、「XMLオブジェクトリポジトリ操作ツール」を使う。XMLオブジェクトリポジトリ操作ツールでは、検索する方法、条件、対象を指定する。

 たとえば、次の例では、[検索]タブで、作成者が“福田 昌弘”であり、xfy Serverの“sampleData”配下にあるXMLオブジェクトのファイルを検索するように指示している。このように指定し[検索]ボタンをクリックすることで、検索結果を得られる。

xfy03_02 XMLオブジェクトリポジトリ操作ツールによる検索。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!