フォーステン、PoE対応のエッジスイッチ「S50V」を出荷--最大320Wを給電

CNET Japan Staff 2007年06月20日 09時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーステンネットワークスは6月19日、イーサネットケーブル経由で電力を供給するPoE技術に対応したエッジスイッチ「S50V」の国内出荷を開始した。参考価格は123万円。

 同製品は、1Uラック型のエッジスイッチ。ワイヤレートのギガビットイーサネットを48ポート搭載する。IEEE802.3afに準拠し、各ポートで最大15.4W、スイッチ全体で最大320Wをイーサネット経由で給電できる。

 ビルの配線室に設置し、IP電話や無線LANアクセスポイントなどの集約に利用できるほか、コンセントの数に限りがあったり、電源供給がしにくかったりする場所にスイッチを設置したいというニーズにこたえられる。

本体画像 PoE対応のエッジスイッチ「S50V」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!