アークン、米企業製の無料データベース脆弱性スキャナを提供

田中好伸(編集部) 2007年08月28日 20時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アークンは、米Impervaのデータベース(DB)脆弱性スキャナ「Scuba by Imperva」を無料で8月29日から提供することを発表した。同社サイトからダウンロードできる

 Scuba by ImpervaはSQLインジェクション、バッファオーバーフローその他の攻撃に対する脆弱性があるか、Oracle、SQL Server、DB2、Sybaseをスキャンし、安易なパスワード、危険なプロセス、無制限の許可といった設定上の問題を検出するとともに、ドキュメント化する。

 350以上のDB評価テスト項目を含んでおり、Impervaのセキュリティ研究組織である「Imperva Application Defense Center」によって追加のテスト項目が定期的に追加される。

 評価したいDBのIPアドレス、管理者のユーザー名とパスワードを入力するだけで、数分以内でScuba by Impervaは、セキュリティ、コンプライアンスやDB担当者が必要とするレポートを生成できるという。

 Scuba by Impervaのレポート機能は、HTMLとJavaに対応しており、脆弱性や問題のある設定ごとに優先順位を付けて出力される。サマリーレポートは検出・非検出の評価項目数と危険度別 脆弱性の分布グラフを含んだ評価結果を提供する。詳細レポートは各脆弱性テスト項目に対し、危険度情報、検出・非検出の情報を含んだ評価結果も提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから