IPA、脆弱性の深刻度評価システムを「CVSS v2」へ移行

CNET Japan Staff 2007年08月20日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月20日、ソフトウェア製品の脆弱性(ソフトウェア等におけるセキュリティ上の弱点)の深刻度評価に採用している共通脆弱性評価システムCVSS(Common Vulnerability Scoring System)を、新バージョンである「CVSS v2」へ移行したと発表した。

 IPAでは、ソフトウェア製品の脆弱性の深刻度評価について、FIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)が推進するCVSSを採用している。CVSSは、情報システムの脆弱性に対するオープンで汎用的な評価手法であり、特定のベンダーに依存せず、脆弱性の深刻さを、製品利用者やSI事業者、製品開発者などが、同一の基準の下で定量的に比較できるもの。

 IPAにおいても、届出られた脆弱性についてCVSSによる深刻度評価を行っているが、2007年6月に公開された「CVSS v2」を受け、IPAにおける脆弱性対策情報の公表ページ

、および、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」での深刻度評価をCVSS v2ベースへ移行した。

 CVSSでは算出される基本値をベースに「レベルI(注意)」「レベルII(警告)」「レベルIII(危険)」の3段階で深刻度をレベル分けする。CVSS v2では、従来のv1で起こっていた、脆弱性そのものの特性を評価するCVSS基本値が特定の値に集中してしまうといった問題が解消され、利用者が脆弱性への対応の緊急度を、より迅速に判断しやすくなっているという。

 CVSS v2の概要については、IPAウェブサイト上の情報を参照のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化