EJB3準拠のApache OpenJPA 1.0.0リリース

原井彰弘 2007年08月30日 18時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 28日、Apache OpenJPAプロジェクトはApache OpenJPA 1.0.0をリリースした。OpenJPAプロジェクトがASF(Apache Software Foundation)のインキュベータからトップレベルプロジェクトに昇格して以来、初めての公式リリースとなる。

 OpenJPAは、JPA(Java Persistence API)とも呼ばれているEJB 3.0(Enterprise JavaBeans 3.0)に準拠して実装された、オブジェクト永続化のためのフレームワーク。JCP(Java Community Process)においてJSR-220として策定されたEJB 3.0の仕様に100%準拠しており、単独での利用のほか、EJB 3.0対応のコンテナやフレームワークに組み込んで利用することができる。

 今回のリリースでは、多数のバグが修正されたほか、細かい点においていくつもの改良が施されている。

 なお、OpenJPAの利用にはJDK 1.5が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?