BEA寄贈のApache OpenJPA、Incubator卒業

荒浪一城

2007-06-25 18:52

21日(米国時間)、「Apache OpenJPA」がApache Incubatorプロジェクトを卒業し、Top Level Projectに昇格した。

OpenJPA、JSR-220 Java Persistence API(JPA)のオープンソースによる実装。いわゆるO/Rマッピングフレームワークのひとつ。Apache OpenJPAは、米BEA Systemsによって2006年2月に寄贈された「BEA Kodo」のソースコードがベースとなっている。そののち、2007年4月30日にバージョン0.9.7においてSun MicrosystemsのTechnology Compatibility Kit(互換性テスト)に合格した。

Apache OpenJPAは、Apache ActiveMQ、BEA Kodo、BEA WebLogic Server、Apache Camel、Apache Geronimo、Apache Ode、Apache OpenEJB、そしてIBM WebSphere Application Serverで利用されている。また、Spring Framework、GlassFish、JOnAS Application Server、Sun Java System Application Serverなどにも含まれている。

こうした多くのプロダクトで利用されていることもあり、Apache OpenJPAプロジェクトでは、1.0.0の安定版リリースにむけて早急に開発を進めている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]