編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Apache GeronimoがJava EE 5のTCK通過

大野晋一(編集部)

2007-06-06 16:49

 Apache GeronimoがSun MicrosystemsのJava Enterprise Edition 5.0 TCKを通過した。Apache Geronimoプロジェクトでは、現在、JavaEE 5対応のGeronimo 2.0を開発中だが、開発バージョンである2.0-M6が全てのテストを通過、これにより、Java EE 5との互換性が公式に認められることになる。すでに対応バイナリの提供が開始されている。

Geronimo 2.0は6月の終わりから7月の初旬にリリース予定。JSF 1.2やEJB 3.0といった、開発を容易にするテクノロジを含むJava EE 5への対応は、バージョン2.0の目玉のひとつとなっている。

 GeronimoはIBMがサポートに力を入れているJava EEアプリケーションサーバ。IBMはGeronimo用のサポートプログラムを用意しているほか、GeronimoベースのWebSphere Application Server Community Editionも提供している。なお、今回のリリースでJBossとGeronimoの2大オープンソースJavaアプリケーションサーバがJava EE 5への対応を果たしたことになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]