MS、オラクルマスター取得者に「ブートキャンプ」--SQL Server売上倍増に向け

藤本京子(編集部) 2007年09月04日 20時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月4日、データベース製品「Microsoft SQL Server」の製品戦略を発表した。同社 サーバープラットフォームビジネス本部 業務執行役員 本部長の五十嵐光喜氏によると、1999年の「SQL Server 7.0」のリリースの以降、同製品は日本国内で年平均成長率20%と出荷数を伸ばしており、「今後3年間でこの成長をさらに加速し、売上倍増を目指す」との意気込みを見せた。

 売上倍増に向けた戦略として、マイクロソフトでは特に、エンタープライズ市場とBI市場に向けた取り組みを強化する。

五十嵐氏 競合対策を数多く発表し、「SQL命!」と叫ぶマイクロソフトの五十嵐氏

 まず、エンタープライズ市場に向けた取り組みとして、Oracle製品の技術者認定制度「ORACLE MASTER」取得者を対象に、無料セミナーなどを行う。「Silver」および「Bronze」取得者には、1日間の「SQL Server 2005 早わかりセミナー」を行い、修了者には翔泳社の「MCP教科書 SQL Server 2005 70-431」を無料進呈する。「Platinum」と「Gold」取得者には、3日間の「SQL Server 2005 ブートキャンプ」を行い、MCP試験を無償で受験できるバウチャーチケットを提供する。五十嵐氏は、「単一のデータベースを知っているよりも、複数の製品を知っている方がエンドカスタマーのためにもなる」と述べている。

 また、Oracle、IBM、Sybaseなどの競合データベースや、Hyperion、Business Objects、Cognosなどの競合BIプラットフォームからの移行を促進するため、2008年6月30日まで最大50%の割引キャンペーンを実施する。Oracle Databaseからの移行に関しては、移行ツールの最新バージョンとなる「SQL Server Migration Assistant for Oracle V3.1」を9月4日より無償ダウンロード提供する。

 さらには、技術者育成のための施策として、パートナーなどに向けたさまざまなトレーニングを実施するほか、マイクロソフトのコンサルティング力を強化し、SQL Serverをはじめとするアプリケーションプラットフォーム製品関連のコンサルタントを2008年7月までに現在の60名から120名へと倍増させる。

 BI市場に向けた取り組みとしては、SQL Server 2005が提供するデータマイニング機能を「Excel 2007」や「Visio 2007」から連携可能にするツール「Data Mining Add-ins for Office system」の機能を、無償で評価できる体験サービスサイトを同日より公開する。

 また、専門の外部BIコンサルタントを講師に招き、BIに関する情報習得を図る企業ユーザー向けのラウンドテーブル「BI Roundtable」を年60回以上実施するほか、パートナー企業のBI構築提案を支援するBI商談支援専門の窓口「BI商談支援センター」を設置する。BI商談支援センターでは、デモ部材の提供やオンサイト営業支援などを無償で支援し、年間100商談の成立を目指す。

 IDC Japanが同日発表した2006年の国内データベース管理ソフトウェア(RDBMS)市場のシェアでは、オラクルが46.4%と圧倒的なシェアを握っている。ただ、SQL ServerはWindows上でしか動作せず、OracleのようにUNIX系OSをサポートしているわけではない。五十嵐氏は、「WindowsプラットフォームでのSQL Serverのシェアを上げることはもちろんだが、Windowsそのもののシェアを上げることで、シェアを1.5倍にまで拡大できる」と述べた。

 IDC Japanによると、同市場における2006年のマイクロソフトのシェアは15.5%。ただし、WindowsベースのRDBMS市場では、マイクロソフトが初めて首位となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから