編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

百五銀行、Windows ServerおよびSQL Serverによるバンキングシステムを稼働

CNET Japan Staff

2007-05-08 15:51

 百五銀行は5月7日、日本ユニシスと共同開発した新勘定系システム「BankVision(バンクビジョン)」を使用した業務を6日より開始したことを明らかにした。

 BankVisionは、マイクロソフトのWindows ServerおよびSQL Serverを基盤に開発された勘定系システム。百五銀行の業務ノウハウと、S-BITSコンソーシアムで研究した機能要件をベースに、日本ユニシスが開発した。

 S-BITSコンソーシアムとは、地方銀行において経営戦略上、今後必要となる新しいバンキングシステムの共同研究、企画、およびその実現に向けた対応策の策定と実証モデルの開発を行うために、日本ユニシスの勘定系ユーザ行が設立したコンソーシアムであり、現在、百五銀行を含む9行の地方銀行が参加している。

 BankVisionは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)の考え方を採用して構築されており、コンポーネントベースのアーキテクチャとなっている。今後、百五銀行はATM取引時間帯の拡大、休日窓口営業の実施などの施策を実行に移していく見込み。

 今回の稼働は、日本ユニシスとマイクロソフトによるWindows Serverを基盤としたミッションクリティカルシステムの実現に向けた包括提携が、初めて世に出たモデルケースであるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]