編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メガバンクのシステムを基にした「地銀共同化システム」、百十四銀行で稼動

CNET Japan Staff

2007-05-07 20:49

 百十四銀行は5月7日、「地銀共同化システム」を稼動開始したと発表した。地銀共同化システムとは、同行と常陽銀行、十六銀行、南都銀行、山口フィナンシャルグループの参加金融機関と、三菱東京UFJ銀行および日本IBMが共同で運営するシステムで、1月に常陽銀行でも稼動を開始している。

 同システムは、三菱東京UFJ銀行の現行システムを基に、参加金融機関の共通のニーズと個別ニーズを反映させて構築したもの。三菱東京UFJ銀行が開発した業務ソフトは継続的に参加金融機関に提供される。

 共同化する業務は、預金、融資、外為などの勘定系に加え、インターネットバンキングといったダイレクトチャネル系や情報系など。システムの開発や保守、運用は、日本IBMに委託される。開発および運用要員は、同社の子会社として設立した地銀ITソリューションに集約し、システム経費の削減を図る。

 今後、2007年度中には十六銀行が、2008年度には南都銀行が、地銀共同化システムに順次移行する。新たに参加する山口フィナンシャルグループ傘下の山口銀行ともみじ銀行も、開発の具体的な検討を進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]