Eclipse、PHP用の開発環境「PDT 1.0」をリリース

原井彰弘 2007年09月19日 17時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日、The Eclipse FoundationはEclipseのプラットフォーム上でPHPの開発を行うためのプラグイン「PHP Development Tools(PDT) 1.0 Final Release」を公開した。

 PDTプロジェクトは、Eclipseの標準に則って、学習が容易で直感的に利用でき、拡張性の高いPHPの開発環境を継続的に提供し続けることを方針としたプロジェクト。また、PHPの開発環境をWeb Tools Project(WTP)とシームレスに統合することも目的の一つとしている。

 今回リリースされたPDT 1.0には、構文強調やコード補完、コード折りたたみ機能などのエディタとしての基本的な機能のほか、ファイルやプロジェクトのアウトラインの表示を行うインスペクション機能、さらに、ブレークポイントを張ったり、スタックトレースや値の検査などを行うことが可能なデバッグ機能などが搭載されている。

 PDTを利用するに当たってはEclipse 3.3とJava 1.5が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!