「Ruby」に新バージョン登場:MitM攻撃を許す問題に対処

荒浪一城 2007年10月04日 17時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日、プログラミング言語「Ruby 1.8.5-p114」と、「Ruby 1.8.6-p111」がリリースされた。

 Rubyは作者まつもとゆきひろ氏によるオブジェクト指向スクリプト言語。今回のリリースは、Rubyに標準で添付されているnet/httpsライブラリ(net/https.rb)において、このライブラリを使用してhttpsプロトコルを発行した場合、中間者によるなりすまし(Man-in-the-Middle)攻撃を検出できないというセキュリティ上の問題に対処したもの。

 Rubyを利用しているユーザは早期にアップデートされたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから