編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ただいま発車の準備中:「Ruby on Rails 2.0 プレビューリリース」公開

原井彰弘

2007-10-02 20:02

 9月30日、David Heinemeier Hansson氏は公式ブログ上で、Ruby on Rails(Rails) 2.0のプレビューリリース(PR)を公開したことを発表した。

 Railsは、Rubyで作成されたフルスタックのウェブアプリケーションフレームワーク。Convention over Configuration(設定より規約)の方針で設計されており、ウェブアプリを素早く開発できることから注目を集めている。

 Rails 2.0 PRでは、いくつもの機能が向上している。まず、REST風URLのマッピング機能が強化された。カスタムメソッドを呼び出す際に必要だった不自然な「;」が必要なくなり、一般的な「/」を用いることが可能になったほか、ルーティングにネームスペースの概念が加わり、管理者画面とユーザ画面のような区別を明確に行えるようになった。

 また、ビュー関連では、テンプレートの書式と描画エンジンを分離することが可能になり、レスポンスデータをより柔軟に作成できるようになった。

 さらに、マイグレーション機能も改善され、よりシンプルかつ直感的な書式でテーブル定義を記述できるようになった。

 そのほかにも、さまざまな機能が向上している。

 今後数回のリリースを経て、Rails 2.0最終版がリリースされるとのことである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]