MIJS企業訪問(第14回)チェンジビジョン--生産現場のノウハウを世界のソフト開発の現場へ

宍戸周夫(テラメディア) 2007年10月31日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「見えないソフトウェア開発」を見る

 チェンジビジョンは受託中心のソフトウェア開発会社である永和システムマネジメントと、経営やITのコンサルティング会社である豆蔵OSホールディングスの共同出資会社。2006年2月に設立した。社長の平鍋健児氏は日本のアジャイル・プロジェクト・マネジメントのリーダー的存在でもあるが、永和システムマネジメントの副社長も兼務しながら、この新しい会社で可視化ツールをパッケージとして提供している。

 「日本のソフト会社はどうしても受託開発が多く、福井に拠点を置く永和システムマネジメントもそうでした。しかし、その中で開発したソフトの可視化ツール『JUDE』があり、これを世に出したいと思っていました。しかし受託ですから、営業力やマーケティング力に乏しい。そこで、何とか受託から脱皮したいと思っていた私たちと、同じく『TRICHORD』という製品をもち、さらにコンサルタント会社の宿命である人への依存から脱皮したい豆蔵の思いがひとつになって、チェンジビジョンという会社を立ち上げたわけです」

 JUDEは、いわばソフトウェアの設計図を作るツール。ソフトウェアのプログラミングに当たっては、ユーザー企業などとの打ち合わせに基づき、その構造を形にし、全体のアーキテクチャを作る。そのための可視化ツールである。米国で定義された統一モデリング言語=UML(Unified Modeling Language)がベースになっている。

 「もうひとつのTRICHORDはプロジェクトの状態を可視化するビューワのようなものです。やるべきことをカードに書いて壁に貼っておき、それを動かしていくと、チーム全体で現在の状態が直感的に分かる。これによって、いろいろな場所で誰が何をやっているかが見えるようになります」

 ソフトウェア開発はもともと目に見えないものだが、それを何とか可視化し、構造化しようという取り組みから生まれた。これまでも構造化プログラミングやオブジェクト指向、さらにはデータ中心アプローチ=DOA(Date Oriented Approach)など、さまざまな手法が提案されてきたが、同社の可視化ツールもこうした技術を基盤にしているという。

トヨタ生産方式に学ぶ

 TRICHORDはまた立ち上がりの段階だが、JUDEはすでに1万本以上が出荷されているという。

平鍋健児氏 チェンジビジョン代表取締役社長の平鍋健児氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから