編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

チェンジビジョン、CRUD対応のシステム設計支援ツール最新版「JUDE/Professional 5.1」をリリース

CNET Japan Staff

2007-10-02 18:58

 チェンジビジョンは10月2日、上流工程のサポート強化へつながるCRUDを搭載したシステム設計支援ツールの新バージョン「JUDE/Professional 5.1」をリリースした。価格は、1ユーザーライセンスあたり2万9400 円(税込)。

 JUDE/Professionalは、UMLモデリングツールの枠を超え、業務フロー、マインドマップ、ER図をひとつのツールで描画可能なシステム設計支援ツール。最新バージョンでは、プロセスモデルとデータモデルの交点としてCRUDの生成/編集機能を搭載している。

 CRUDは、業務データの生成(Create)、参照(Read)、更新(Update)、削除(Delete)が、どの業務プロセスで行われるかを把握するための機能。業務フローやユースケース図でプロセスモデルを、ER図でデータモデルを作成し、双方を縦軸横軸にマトリクス(表)を作ることで、上流の分析/設計工程をサポートする。

JUDE/Professional 5.1 CRUDの生成/編集機能を搭載したシステム設計支援ツールの新バージョン「JUDE/Professional 5.1」※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]