Session Fixationの脆弱性を修正した「Ruby on Rails 1.2.6」リリース

荒浪一城 2007年11月26日 13時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月24日、オープンソースのWebアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails 1.2.6」がリリースされた

 今回のリリースは、Ruby on Rails 1.2.4における脆弱性「CVE-2007-5380」の修正が不十分であったため、これに対応したリリース。、セッションIDの固定化の脆弱性(Session Fixation)で、新たに「CVE-2007-6077」として修正された。

 詳細な情報に関しては、「CVE-2007-6077」を参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!