三井情報とF5、NTTドコモの「定額データプラン」にSSL VPNリモートアクセスソリューションを提供

CNET Japan Staff 2008年01月08日 12時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井情報とF5ネットワークスジャパンは1月8日、NTTドコモのPC向けパケット定額プラン「定額データプラン」向けに、F5のSSL VPNアプライアンス製品「FirePass」を使用したSSL VPNリモートアクセスソリューションを提供することを発表した。

 FirePass SSL VPNソリューションを定額データプラン法人ユーザーが導入することで、FTPによるファイル送受信や社内のさまざまなアプリケーションを制限なく、安全に利用することができる。

 2007年10月よりサービスが開始された定額データプランは、FOMAデータ通信専用機種などによるPCデータ通信を定額で利用できるNTTドコモの料金プラン。データ通信料金を気にすることなく、24時間インターネットにアクセスできる。

 またF5のFirePassは、安全なSSL VPNリモートアクセス環境とエンドポイントセキュリティ機能により、企業データの安全なアクセスを実現。情報漏えい問題のリスクを低減することができる。

 定額データプランへのFirePass SSL VPNソリューション提供において三井情報は、NTTドコモ向けのFirePass販売、システム構築支援および保守対応を担当している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?