富士通、64KBの大容量FRAM搭載RFIDタグを開発--高品質な航空機メンテナンスを可能に

2008年01月09日 18時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は1月9日、航空分野のメンテナンス情報管理向けに64KBの大容量FRAM(Ferroelectric Random Access Memory:強誘電体メモリ)搭載のUHF帯RFIDタグを世界で初めて開発したことを発表した。2008年度第1四半期の販売開始を予定している。

 このRFIDタグは、航空機の部品/整備情報を格納するために必要な大容量FRAMを搭載し、UHF帯RFIDの国際標準規格である「EPCglobal Class1 Generation2」規格に準拠するとともに、国ごとに異なる認可周波数帯に対応したもの。航空機の部品/整備情報を共通的に管理することで、高品質な航空機メンテナンスが可能になる。

 今後、富士通では、同RFIDタグを航空分野のみならず、さまざまな業種、業務、活用シーンに向け、すでに提供しているUHF帯RFIDタグ製品、リーダ/ライタ、ミドルウェアなどへの対応を含めたトータルソリューションとして提供する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!