編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NECの「WebOTX RFID Manager Information Service」がEPCIS製品認定を取得

CNET Japan Staff

2007-10-03 19:30

 NECは10月3日、同社のRFID対応ミドルウェア「WebOTX RFID Manager Information Service」が、EPCglobalの実施するEPCIS(EPC Information Services)製品認定テストに世界で初めて合格したことを発表した。

 この発表は、米国イリノイ州シカゴで10月2日に開催された「EPC(Electronic Product Code)Connection 2007, 4th Annual EPCglobal North America Conference & Exhibition」において行われたもの。認定番号は、「GSRN:950110126000001244」となっている。

 EPCISは、RFIDタグを利用して捕捉した“モノ”の動きや状態のデータ(EPCISイベント)を企業間で共有するためにEPCglobalが規定したインターフェース。この認定取得により、WebOTX RFID Manager Information Serviceを製品化し、2007年12月に出荷する予定。今後3年間で100本の販売を見込んでいる。

 EPCglobalは、RFIDタグに格納する識別番号(EPC)の管理のみならず、EPCを含む各種RFIDデータを企業システムで活用するためのインターフェースを標準化することで、RFIDの利用拡大を推進している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]