RDBMSの苦手な処理をカバーする、気の利いたNoSQL「Redis」

廣瀬一海 (アイレット クラウドパック事業部) 2015年04月14日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NoSQL徹底研究の特集、第5回は「Redis」です。第1回でNoSQLを利用する企業が増えていると紹介しましたが、実際にはどのような企業がどのような理由でNoSQLを採用しているのでしょうか? ユースケースを軸に今回のテーマであるRedisを紹介します。

Redisとは

 Redisは、アクセスが高速なキーバリューモデルを採用するNoSQLです。非常に高速な読み書きとアクセスが可能で揮発型メモリキャッシュの「Memcached」とユースケースが似ており、永続化できるキャッシュとしても、今まで多く採用されています。

RDBMSでは面倒になりがちなケースを解決

 多くのNoSQLが、一般的に文字列やJSONなどの構造情報を格納するのに対して、Redisのデータモデルはとても特徴的です。主にキャッシュ用途でのユースケースが多いことから、Memcached同等のキーバリュー型のNoSQLと思われていることが多いのですが、実際にはC言語の構造体などに挙げられる、データ構造を格納するキーバリューストア(KVS)です。Redisは、ウェブアプリケーション開発の際にリレーショナルデータベース(RDBMS)が苦手とするようなケースをデータ構造と利便性の高いコマンドによってスマートに解決しています。

キー:文字列

図1

 単一の文字列キーとその値からなるデータ構造です。一つの文字列のキーに対して、一つの値を保持します。

キー:セット

図2

 セットは一つのキーに対し、複数の値を保持することができます。セットは複数の同じ値を許容しませんので、値は必ずユニークになります。

キー:ソート済みセット

図3

 ソート済みセットは、一つのキーに対し、複数の値を保持でき、スコアを指定して、値の順序を保持できます。セットと同様で複数の同じ値を許容しません。図の例ではスコアに年齢を指定しています。

キー:リスト

図4

 リストはいわゆるLinkedListに相当する、複数のキーと値の並び順を保持するデータ構造です。

キー:ハッシュ

図5

 ハッシュはキーと値の組を複数個格納し、キーに対応する値を参照するためのデータ構造です。

BitArrays(ビットマップ)

図6

 ビットマップは画像のそれではなく、ビット配列を扱うことができます。キーに対してゼロか1のビットを配列として保持します。また、これらのキー同士を論理演算操作することが可能です。図の例では、ログインしたユーザーのIDに対して、ログインしていればビットを1、そうでない場合はビットをゼロとして扱っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化