編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NoSQLデータベースのCouchbase、HortonworksのHadoopプラットフォームと統合

Toby Wolpe (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-20 13:00

 NoSQLデータベースを手がけるCouchbaseは米国時間2月19日、同社のオープンソースデータベースとHortonworksの「Apache Hadoop」データプラットフォームの統合を発表した。これにより企業が単一のシステム上で業務データと分析データの双方を取り扱えるようになるという。

 Couchbaseは、分散メッセージングには「Apache Kafka」を、ストリームデータ処理には「Apache Storm」を用いて、「Couchbase Server 3.0.2」と「Hortonworks Data Platform 2.2」(HDP 2.2)を統合することになる。

 今まで業務データと分析データは個別に扱われてきており、静的かつ大規模なオフラインデータセットの分析には昔からHadoopが用いられてきている。

 Couchbaseの説明によると、同社のデータベースとHortonworksのHadoopの統合では、Apache KafkaがCouchbase Serverの「データベース変更プロトコル」(DCP)を用いてCouchbase Serverからのデータをリアルタイムでメッセージキューにストリーミングするという。

 いったんメッセージがApache Stormによって処理された後、そのデータはさらなる処理のためにHadoopに渡されるとともに、分析結果がCouchbase Serverに書き込まれる。ユーザーはCouchbase Serverにアクセスすることで、リアルタイムのレポートや視覚化ダッシュボードを利用できる。

 Hortonworksはまた、Couchbase Server 3.0.2とHDP 2.2の間の双方向データ転送をサポートするための、「Apache Sqoop」向けCouchbase Serverプラグインを認定している。

 Apache SqoopはApache Hadoopと、RDBを始めとする構造化されたデータストアの間で大量のデータをやり取りするためのツールだ。2012年3月にApacheのインキュベータから卒業し、現在はトップレベルプロジェクトに なっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]