ビッグデータとは?

企業内外の膨大なデータから有益な情報を見つけ出そうという動きを「ビッグデータ」という。企業の内側に存在するデータベース(構造化データ)などはもちろん、外側にあるソーシャルメディア上のつぶやき、ウェブサイトの行動履歴、文章や画像(総称して非構造化データ)までを分析の対象として、獲得した新たな知見をさらなる成長のために活用する。一般的には、テクノロジーや方法論までを含む広いコンセプトとなる。分散並列処理フレームワークやインメモリ技術、複合イベント処理(CEP)といった対応テクノロジーの普及で、近年は手軽に分析、解析できることからも注目を集めている。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 前提条件

    プロジェクト管理用語。プロジェクトの成功に(あるいは成功確率を上げるために)必要な外部環境や、起こるべきイベントが存在する場合がある。そのイ...(続きを読む)

  8. 8 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 Linux

     Linuxとは、1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏が開発した、UNIX互換のOSである。Linuxとはカーネル...(続きを読む)

注目のキーワード

データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む
分社化
必要な分野に集中し、効率的な経営を行うために特定の単位で事業を企業本体から切り離し、別会社とする...
続きを読む
レバレッジドバイアウト(Leveraged Buyout:LBO)
株式と借入金を戦略的に組み合わせた企業買収のこと。買収先企業の資産やキャッシュフローを担保にして...
続きを読む
IBM World of Watson
IBMが開催するWatsonを中心とするユーザーイベント。2016年は、前年までの大きなイベントである「Inter ...
続きを読む
出来高(Earned Value、EV)
特定の時点までに完了した作業全体を評価するのに使用する...
続きを読む

キーワード解説とは